ラリアットもどき返し

masadairaが意味の無い事を意味の有るように。たまに胸に刺していきます。カエシ付けておくのでお気を付けて。

面白いのに楽しくないと、楽しいのに面白くないはすごく違う

「啓介くんってイケメンなのに女っ気無いわよね。」

「そうよね。何かそこに萌えるっていうか、惹かれるっていうか何かがあるわよね。」

「わかるわ。でも、あれだけイケメンなら女っ気の1つや2つあっても私はいいと思うのよね。」

「○○なのに△△っていうギャップがいいんじゃない。私ほんとにギャップに弱いのよ。」

「ニンニク料理食べた後はほんと気をつけた方がいいわよ。」

「それゲップよ。」

「いくら強い人でも100回すると死ぬっていうから気をつけなさいよ。」

「それひゃっくりよ。そこに強弱はないわよ。もうそれ関係ないわよ。」

「あー、喋ってたら唇カサカサになってきちゃったわ。」

「そんなときはリップよ。丁度新品があるわ。あなた、そういう細かいところの気配りを体にしてあげることによってもっと可愛くなれると思うわ。せっかく清潔感があって可愛くてトレンドもキャッチできてるんだから。」

「あなた、準備周到で褒め上手。その中で相手を伸ばそうと嫌味なく指摘を加えられている。そんな人物が居るべき場所は……」

「トップよ。」

「違うわ。これを書いている人間はこんなこくだらないことを書きたいんじゃない。そう思うわ。」

「そうよね。ギャップよね。ギャップの話よね。それギャロップよ。私はほのおタイプではないわ。って言いたいのを我慢するわ。」

「そういえば、あなたがこの前たまご持っていたらすぐ孵化したわよね。あれにはビックリしたわ。おっぱい小さいのに母性が強いのかしら。」

「それギャロップよ。隠れ特性ほのおのからだは私には携えられていないわ。そして、ほのおタイプではないわ。それと、たまごを孵化させたことはないわ。千葉県の生物部の高校生ではないわ。あと、おっぱいと母性は比例していないわ。ちなみに、CよりのBは決して小さくないわ。可愛げよ。」

「優衣ちゃんって可愛いのにおもしろいわよね。」

「それは、可愛くておもしろいだけよ。」

「真希ちゃんって可愛くないのにつまらないわよね。」

「それは、可愛くなくてつまらないだけよ。」

「健二くんってあんなにヤンチャなのに野球下手らしいわよ。」

「それは、ヤンチャで野球が下手なだけよ。」

「勇気くんって甲子園で大活躍したのに、爽やかよねり」

「それは、爽やかな人が甲子園で大活躍しただけよ。」

「雄介くんって見た目草食系なのに、いざという時は肉食系らしいわよ。」

「やかましいわよ。」

「哲也くんってブサイクなのに女っ気あるわよね。」

「もうギャップって何よ。」

真の自己紹介

「自分の部屋のベッドで右手がケータイ、左手は添えるだけ。主観のもので、あらかじめ敷きつめておいた紙製のゴールへ。」


自己紹介とは自分がどのような人間なのかを相手に知ってもらう為のもの。自分の一番の自分らしさ。自分であることを知ってもらわなくてはならない。自己紹介たる者そうあるべきだ。
絶対に。

では、自分を知ってもらうにあたって、何が一番の自分らしさなのであろうか。

好きな食べ物?
趣味?
家族構成?
仕事?


これらは自分らしさであるのか。
ただの自分を取り巻いている環境。又は、他に干渉されてそう導かれている他ごとに過ぎない。

自己紹介を極めし私はさらに自分の核となる部分を伝えたい。今すぐあなたに伝えたい。


誰かに教わっただの、誰かがやってたのを見てだの、そんな生ぬるい紹介ではダメなのだ。もっと革新的な、本能的な紹介をしなくては。








オ○二ー







勝った。
これだ。これしかない!

冒頭の書き出しでもう勝負はついていた。安西先生の名言なんか、聞く暇も言う暇もなかった。








世の中の1つを除いた全ての行動は、他からの指導、干渉を受け、又は観察することにより学習をして行なっている。
つまり、その1つを除いて他の全ての行動は自分らしさの欠如である。




ピカソゴッホも欠如している。
もちろん、ラッスンもだ。



しかしどうだ。あれは、周りからの指導も干渉も観察も無しに自分のものを確立している。

自分らしさ。アイデンティティ以外の何物でもない。

自己を紹介するならこれしかない。



自己紹介でもっとも自分らしさ、核となる本能の部分を紹介するにはやはりこれしかないのだ。いつか、この紹介ができる世界になるのを願っている。核のない世界、差別のない世界、そして、最もよい自己紹介ができる世界が来るのを願っている。



これが、私のアイデンティティとは認めたくない。でも、諦めたらそこで試合終了ですよ。

 

 

今週のお題「自己紹介」

21歳上場企業社員

 はてなブロブでは毎週お題が発表され、その同じ課題に対して多くの人が文字を書き連ねていることを今週始めて知った。

 今回はmasadairaとしてはその第一弾に挑もうと思う。

 第一弾でいきなりだが、お題に対して真っ向から逆らおうと思う。

 私は一人暮らししたくない。

 あら、もうこれ言ったら終了かもしれない。でもまあそれについてダラダラと書かせていただく。

 私が一人暮らしをしたくないただ一つの理由。それは、親のすねをかじりたい。

 うわ、気持ち悪い。成人男性としてもう終わってるわ。そんなんじゃ、一生結婚できないよ。もう成人なんだし一人立ちしなよ。

 うるさい。

 まあ、親のすねをかじりたい。と言うと、そういうマイナスなイメージになってしまうかもしれない。しょうがない。だから、もっと厳密に伝えよう。

 親のすねをかじり余している。

 これだ。

 私は幼い頃から食べ物は残すなと教育を受けてきた。親からも先生からも、忍たま乱太郎からまそう教わってきた。

 親のすねが食べ物かどうかに関しては、私のブログなので私の思うように解釈させてくれ。

 食べ物です。

 まだまだかじり足りない。

 何なら調理してさらに美味しく食してあげたい。

 そもそもスネ肉をかじるなんて勿体ない。あんな硬い部位をかじるなんて勿体ない。もっと良い食し方はいくらでもある。

 まずはスネを柔らかくすること。弱火でじっくり煮込みましょう。まさか、親も子に圧力鍋で弱火をじっくり当てられるなんて思ってもみなかっただろう。でもしょうがない。スネ肉は柔らかく仕上げてなんぼだ。

 それでも、しつこく言ってくる親ならば黙らせる方法がある。

 赤ワインだ。

 仕上げに赤ワインを入れてあげれば親もさぞかし納得してくれるだろう。肉も柔らかく風味も高まり、親も高揚な気分になっている。win-winの関係とはこのことか。

 ここまですれば私は思う存分親のすねをを食することができる。残った骨からはダシの一つや二つのは取れるだろう。ここまでやったんだから、ダシを取るくらいであーだこーだいう奴はいない。そんな奴は親の顔が見てみたい。いや、その親のすねもかじりたい。

 ここまで美味しく調理はしたが、一気に全部食べてしまうほど私は無能ではない。一部は調理せずに残してある。今流行りの熟成肉にする。

 せっかくの親のすねだ。じっくりゆっくり時間をかけて旨味や甘味、香りできるだけ閉じ込めたい。より良いものにしたい。

 大切に大切にすねを守る。ゆっくりゆっくり愛情を込めて。

 これだけ手をかけて美味しくしてるんだ。家を出たら早く家に帰ってこよう。一人暮らししたら絶対に忘れないでおこう。

 ちゃんと面倒見ないとせっかくの熟成肉が腐敗しちゃう。忘れちゃだめだ。

遠藤憲一

お化け

幽霊

絶壁

体育教師

寝坊

殺人

ジェットコースター

ゴジラ

稲垣吾郎

無料

 

 

 上に並べたものには1つの共通点があります。何かわかりますか?

 共通点は「こわい」です。

 その「こわい」の中には様々なジャンルの「こわい」が存在します。

上記の言葉を例として使うと、

例)①夜はお化けが出て来そうでこわい。

     ②無料ほどこわいものはない。

     ③ 結局女が1番こわい。

 このようになります。

 どれも「こわい」例文ですが用途は3つとも違います。

「こわい」という言葉はこのように様々な意味を持ちます。そうなると、「こわい」という状況にも様々な意味や状況があると考えることができます。

 先ほどの例文を引っ張ってきましょう。

①夜はお化けが出て来そうでこわい。

②無料ほどこわいものはない。
③ 結局女が1番こわい。

 

①が「こわい」理由は見た目が「こわい」登場人物がいるからです。お化けもここでは人物ということにしておいてください。

②が「こわい」理由は「無料」自体が怖いのではなくその先に待ち受けていることが残酷であるからです。

③が「こわい」理由は登場人物の見た目ではなく、内面的な部分が「こわい」からです。

 

 このように世の中の「こわい」という感情は、登場人物の見た目や内面、自分にこの先降りかかる出来事など、様々な角度からきているものなのです。

 

 では、この様々な「こわい」を選り取りみどり集めた場面を作るとどうなるでしょうか。より多くの「こわい」を集めれば今までには無かったほどの「こわい」に出会えるはずです。

 

 「こわい」の集め方ですが、本日は5W1Hを使います。5W1Hとはいつ(When)、どこで (Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素をまとめた、情報伝達のポイントのことです。

 この5W1Hに沿って選りすぐりの「こわい」ものを当てはめてひとつの文章を作ります。

 では、さっそくやってみます。

 

 

 まずは、いつ(When)です。

 ◎13日の金曜日

 世間でも有名なこの13日の金曜日。ホラー映画の金字塔となった映画の題名であり、世界中で不吉な日として認められている。ついでに夜にしときましょう。

 

次は、どこで(where)です。

 ◎就職先の面接会場

 これは怖い。私も今の会社に入る際には就職試験を受けました。筆記、グループディスカッション、面接とありましたが、やはり面接会場は怖すぎる。「どうぞお入りください」と声が聞こえ、ドアを開けてからどんな景色で誰がいてどんなことを聞かれるのか様々なことを考えてしまい、心臓が5倍は引っ切り無しに暴れていたのを覚えています。

 

次は、誰が(who)です。

◎母ちゃん

 やっぱり、1番怖いのはこの方でしょう。どんな人からしても母ちゃんには敵いません。愛情があるからこその厳しさや優しさがありますが、どの角度から見ても総合的に見て1番怖いのは母ちゃん。満場一致です。

 

 次は、なにを(what)です。

バンジージャンプ

 「世界の果てまでイッテQ」でも度々温泉同好会で罰ゲームかのように行われているバンジージャンプ。飛ぼうとするが怖くて足がすくんで、何十分、一時間と怖がり続ける映像には覚えがあります。衝撃的なでした。

私もこれからの人生できればやりたくないです。

 

 最後は、どのように(how)です。

 どのように(how)はとても難しかったので、道場人物(who)がどのような状態なのかを決めて見ました。

 ◎鬼気迫る表情、状況、状態

 だいぶざっくりしていますが、まあこういうことでしょう。

 

 さて、選り取りみどりすぐりの「こわい5W1H」が決定しました。

 

 では早速これはのものをつなげて情景を想像してみましょう。

 

13日の金曜日の夜、就職先の面接会場で、母ちゃんが、鬼気迫る表情で、バンジージャンプをしていた。」

 

 こわい。確かにこれはこわい。

 選りすぐりのこわいを集めると確かにこわいことになりました。ただ、何でしょう。このこわいの感覚は。良いものを集めすぎて、こわさよりも違和感だったりユーモアが優ってしまっている気もします。

 フカヒレの上にキャビアやフォアグラだとか高級食材を乗せまくった料理を見た感覚。

 パワプロで1番打者から9番打者までバリーボンズみたいな選手のチームを作ったときの感覚。

 そんな感覚。なんなんだろう。

 

 

 なんですか。選りすぐりって言ってもあなたが、違和感やユーモアが生まれるように選りすぐっただけだろうですって。

失礼な。

 

 そういう人間の考え方が大っ嫌い。あーこわい。

 

 

 

あとは公式ルール

            最後までチョコたっぷりのトッポ

                                      VS

     無くなったと思っても無限に出てくる歯磨き粉

言葉遊び

ざあざあぽとぽとごろごろどっかん

わんわんにゃんにゃんこけこっこー

きらきらつるつるとろーりにゅるっ

うろうろふらふらそろーりしゅっ

いらいらうっとりかりかりしんみり

 

 

 

 

 

大丈夫です。先生のことは心配しないでください。

 急に変なの打ち込みまくって、ネジが外れたか薬キメたかかと思ってますか。

 大丈夫です。先生は病んだりしてません。本当です。

 

 

「擬音語・擬声語・擬態語・擬情語・擬容語」

 

  

 日本語は、生き物から成る音や無生物から感じる音、感情、様子までもを言葉として表現することができます。それが大きく擬音語と称され、金田一氏が細かく5つに細分化しました。

 これは日本独自の文化です。海外ではこんなに豊富な音の表現はありません。コミックの中で「BAM!!」「DONGGGG!!」などが用いられるだけで日常会話ではまず登場しません。こんなMARVELみたいな日常は嫌ですよね。しんどい。うるさい。

 この擬音語の可能性は無限です。捉える人の考え方次第であらゆるものわ表すことができます。50の音の組み合わせで無限なのです。つまり、擬音語を使った遊びも無限です。

 今日はこの場をお借りして、そんな擬音語を使った2つの遊びをしたいと思います。とてもワクワクしてきましたね。

 では、1つ目の遊びです。

 遊び方は簡単です。スマートフォンを手に持ってください。まあ、多分持ってると思いますが、気合い入れて持ちましょう。目を瞑り、ランダムに画面上に二文字のひらがなを打ち込みます。目を開け、画面上にある二文字と同じ二文字を隣に続けて打ち込みます。画面上には擬音語らしきひらがなが表示されているはずです。その擬音語の意味。表したいことを考えるのです。擬音語の後出しですね。

やってみます。

 ゆの

 適当に打ったら「ゆの」となりました。なので、今回考える擬音語は「ゆのゆの」です。

 本当に適当に打ち込んだので今ちょっと困ってます。難しい。少し時間をください。

 

 

 オッケーです!文字だけでは伝わらないと思いますが、少し時間ををいただきました。ありがとうございます。

 「ゆのゆの」の意味は、「『なよなよ』以上『塩顔男子』未満」です!

 少し柔らかい弱い印象を持ちますが、「なよなよ」までマイナスなイメージは抱きません。

 かと言って最近流行りの塩顔男子までプラスのイメージも持ちません。

 つまり、その間の良いバランス「ゆのゆの」です。

 俳句にするならば、

綾野塩  

     アンガなよなよ  

                     岳ゆのゆの

 

 

 さあ、字余りは気にせずに2つ目の遊びに移りましょう。

 遊び方は簡単です。目を瞑り、ランダムに画面にひらがなを2行ほど打ち込んでください。その文字の中から3〜6字で成る、程よい擬音語っぽいものを抽出します。あとは先ほど同様その意味。表したいことについて考えます。

 やってみます。

てにうこちてぬちてふすぬうとてほぬとるなぬぬねにつぬゆねにねきねきねぬぬのしえぬぬる

 むずっっっっっ。

 これ、私今初めてやったんですけど難し過ぎる。頑張ります。

 ほぬとる

 これでいきます。

 人の感情を表す擬情語として「ほぬとる」は成ります。心安らぐ場、落ち着く場所で、ちょっと一息着こうと思ったら最後、ずっとこれ動けないんじゃないかなという様です。「ほぬとる」です。とします。と、なりました。したんです。

例文)

A 「マスターコーヒーもう1杯ください。」

B 「いつもは1杯だけなのに今日はもう1杯飲むんですか?」

A「1杯だけのつもりだったんですけど何だか今日は、ほぬとるしちゃって。」

B「そうですか、2杯目はサービスにしておくので今日はゆっくりほぬとってください。」

A「マスター、ありがとう。」

 このようになります。ただ、注意点があります。「ほぬとる」を「ほぬとる」として使うのであれば注意すべき点も問題も何もありません。ただし、例文のマスターのように擬音語を動詞のように扱う場合は注意が必要です。少し間違うと厄介なことになります。

 マスターのように

「ほぬとってください。」

と使えば大丈夫です。が、やりがちなのが

「ほぬっとってください。」

 です。これでは元の言葉が全く違うものになってしまいます。もうお分かりだと思いますが説明させていただきます。

「ほぬとってください。」

 これは、「ほぬとる」の変形した形です。

「ほぬっとってください。」

 これは、「ほぬる」の変形した形なのです。全く違う意味になるのです。

 さあ、今日の授業はここまでです。

急ですが終わります。チャイムが聞こえます。指が疲れました。目がかゆいです。後の2つが本当です。

 今日の宿題は「ほぬる」の意味を考えてくることです。正解はありません。どこにもありません。そういうものです。そういうことの方が好きです。そのかわり、不正解はあります。悪しからず。

 

ご飯のときはケータイを置きなさい。

あなたは山派?海派?川派?それとも・・・♡

 私は川派です。♡に騙されそうになりながらも川派です。鼻の下が伸びそうなのを右手で戻しながら、目尻が落ちそうなのを左手で支えながら川派です。だと思います。

 私は海無し県に住んでいます。そのため川派というよりは、海にはほとんど行ったことが無い派です。海に行くのには時間とお金と色々かかるから川の方がいいと思います派です。

 何派なのかなんて話はどうでもいいんです。私がしたいのは、先日川で感じた話。川の話でもありません。川で感じた話。

 私は週に3回は川に行きます。車で10分の川に行きます。到着すると、川に入るのではなくまずはスケボー。汗をかいて水風呂感覚で入るのが私の川の楽しみ方です。いつもは1人ですが、そこに仲間も加われば水風呂に入った後にバーベキューも挟みます。そして、またスケボー、水風呂と無限ループ。

 そしてその日も私は、いつも通り1人でスケボとアウトドアチェアと水を持って川に行きました。滑りました。汗をかきました。川に入りました。橋の下の浅瀬で寝転びました。橋の裏を見ました。少し違和感を感じました。少し驚きました。少し疑問持ちました。

3本のパイプ官。

橋の裏に3つのパイプ官が走っていました。
ネイビーで太いのが1つ。
橋と同色のグレーが1つ。

中部電力の6本1束で細いオレンジが1つ。

 なんなんだろうあれ。なんのためのなんだろう。橋の為のパイプ官では無いよな。中部電力だから電気をひいてるのかな。じゃあ、他の2本は?ガスとか?あれ、ガスってパイプ官でひくっけ?

 というような意味のない疑問がだいぶ巡りました。

 それと同時に知らなかったこと、気づかなかったことに出会えたことにワクワクしました。

 それと同時に、自分の目で実際に見ることの大切さを感じました。

 それと同時に、偶然何かに出会えたときの感動を覚えました。

 それと同時に、考えかた次第で色んな捉え方ごできるという発見がありました。

 それと同時に、あれさっきの本当に同時やったっけなと疑問を持ちました。

 それと同時に、何に対しても疑問を持つことは良いことだと思いました。

 それと同時に、私はいったい何個のことを同時に感じることが出来るのだろうと探りだしました。

 それと同時に、いやこれは自分次第でいくらでも出来てしまうことなのではないかと前をむきました。

 それと同時に、意識をしてまでこんなことをするなんてと、自分を見つめました。

 それと同時に、鏡無しで自分を見つめるって出来るのかなと話を変えました。

 それと同時に、話を変えたのは文を打っている今であるからそれは同時では無いと自分を責めました。

 それと同時に、色々同時に進行させるのは無理があると諦めました。

 それと同時に、終わり方が分からなくなったこの文章も諦めました。